18006_Bongo-Rx-Flyer-with-FAQs_Patient-1

睡眠時無呼吸治療の新しいかたち

Bongo Rxを使ってみませんか?

何百万もの人々がOSA(閉塞性睡眠時無呼吸)に苦しんでいます。
この睡眠障害は治療せずに放置をすると、健康や生活の質に悪影響を及ぼす可能性があります。
これが、私たちSMIがBongo Rxを導入した理由です。この装置は新たな睡眠療法の画期的なものとなります。

 

Bongo Rxは、軽度から中程度のOSAの治療のためにアメリカのFDAより認可を受けた、

睡眠時無呼吸症候群の患者様を対象とする装置です。
この新しい装置は、いつでもどこでもあなたが眠りに落ちるときに利用できるよう

利便性を考慮され設計されています。

閉塞性睡眠時無呼吸治療の進化系であるBongo Rxは、快適で使いやすいように設計された

再利用可能なEPAP装置(呼気陽圧呼吸装置)です。
便利で目立たないBongo Rxは、機械、ホース、電気、またはバッテリーを必要としません。

あなたは過去に睡眠時無呼吸装置を使ったことがあるかもしれませんが、
Bongo Rxは非常にシンプルでありながら効果的な睡眠時無呼吸の治療を提供するという点で独特です。

軽度から中程度の閉塞性睡眠時無呼吸に苦しんでいる場合は、Bongo Rxについて医師に相談してください。

Bongo Rxの特徴

fda-blue.png

Bongo Rxは、軽度から中程度の閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)を治療するためにFDAから認可を受けた治療用装置です。

travel-blue.png

Bongo Rxは使いやすく、

電力を必要とせず、

移動に最適です。

pocket-blue.png

Bongo Rxは再利用可能で、

シャツのポケットに収まるほど小さいので患者様はいつでも、どこでも使用できます。

Bongo-rx-headgear-BNG530.jpg
camping-couple1200px.jpg
Bongo-rx-cpap-mask.jpg

Bongo Rxはどのように機能するの?

革新的なBongo Rxは鼻を密閉する柔らかいシリコンで成型された、

FDAで認可を受けた睡眠時無呼吸症候群の患者様を対象とするシンプルなEPAP装置です。


EPAP(イーパップ/呼気気道陽圧) とは呼気時に負荷をかけ、気道を確保する仕組みです。

吸気(息を吸うとき)時は、装置に備えられた小さなバルブが開いて通常通り正常に呼吸をすることができます。 
呼気(息を吐くとき)時は、装置に備えられた小さなバルブが閉じて特別に設計された穴から呼気を

排出することで、EPAP(イーパップ/呼気気道陽圧)を生成します。
これにより、再び吸気するまで気道が開いたままとなり、無呼吸を防ぐ仕組みとなっています。

bongo-closed-airway.png

閉塞性睡眠時無呼吸

閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)の患者は、

睡眠中に気道が塞がってしまいます。 
これにより、呼吸を続けているにもかかわらず、

睡眠中の気流が減少または停止します。
症状として、大きないびき、いびきや窒息を伴う

突然の覚醒、朝の頭痛、過度の日中の眠気などが

あげられます。

bongo-open-airway.png

Bongo Rxで呼吸を楽に
Bongo Rxは、使用者の気道を開いて

閉塞性睡眠時無呼吸の治療を行います。 
使用者が息を吐くと、吐き出された空気が

特殊な穴から排出されることで

EPAPを生成するように設計されています。
これにより次に息を吸うまで使用者の気道が

開かれたままとなり無呼吸を防ぎます。