ボンゴは新しいCPAP療法の代替品になります。



CPAPの代替となり得るボンゴ。CPAP療法は、閉塞性睡眠時無呼吸症候群のための最も一般的な治療法です。大きくて作動音のうるさい機械、付属しているマスクとチューブは、この睡眠時無呼吸症候群の治療のマイナスポイントです。CPAPに耐えられない患者のために、近年、いくつかの代替品が登場しています。ボンゴは、閉塞性睡眠時無呼吸症候群の患者もCPAPの代替品として使い始めています。


ボンゴとCPAP療法

CPAPは、Continuous Positive Airway Pressureの略で、一晩中、空気の流れを喉に送り込み、気道を開いた状態にする治療法です。これにより、睡眠中に気道が閉じたり潰れたりするのを防ぎ、途切れることのない呼吸を可能にします。CPAP装置には、電気、蒸留水、マスク、チューブが必要です。CPAP療法は、睡眠時無呼吸症候群の治療に効果的です。


ボンゴは自身の息を吐く力で圧力をかけて、次に息を吸うまで気道を開いた状態となります。これにより、正常な呼吸を可能にします。ボンゴは電気も水も必要としません。


CPAPを使用できない理由

閉塞性睡眠時無呼吸を患う方の中には、CPAP療法に耐えられない理由がいくつかあります。機械がかさばり、セットアップに時間がかかることがネックになる場合もあります。鼻と口の両方を覆うマスクで眠るのは不快です。また、胃の膨満感、マスクによる肌荒れ、起床時の鼻や喉の乾燥などの副作用もあります。このように、睡眠時無呼吸症候群の治療に重要なCPAPの使用を継続することが難しい方もいます。


ボンゴは新しい選択肢。

一般に、患者はCPAP療法よりもボンゴを好む傾向にあります。ボンゴの最大のセールスポイントは、その利便性にあります。ボンゴは、類似品の中で最も便利な選択肢の1つです。ポータブルで再利用可能なボンゴRxは、鼻孔にぴったりとフィットする柔らかいシリコンを使用しています。電気や水、マスクやチューブを必要としないので、旅行中も含め、いつでもどこでも眠りにつくことができます。


CPAPを使用できない、またはCPAPに代わる効果的な方法をお探しの場合は、ボンゴがお勧めです。ボンゴを使い良質な睡眠を手に入れ、健康な毎日を過ごしましょう。



閲覧数:0回0件のコメント